Reclaim

PLANT A TREE, JOIN OUR RECLAI-MATE

アオホンケミカルジャパンではHFCフロン類の再生事業に力を入れていきます。岡山工場に建設した蒸留塔は年間700tの製造能力を有しており、全てR410Aに換算すると約143万CO2t相当の新規製造分GWPを代替することができるという計算です。

私たちは蒸留再生したHFCフロン類を再調合するためのR32,、R125といった原料となるフロン類​の調達が可能であり、新品と同様の製造過程を経た再生冷媒=リクレメーション冷媒製品を皆様へ供給致します。

​TARGET:2025-100

(17 GOALS: 13)
sdg_icon_13_ja-300x300-min-compressor.pn

アオホンケミカルジャパンでは、気候変動対策への具体的な行動として、2025年までにアフターマーケットに供給するR410Aの100%をリクレメーション冷媒に代替​することを目標とし、再生冷媒に対する様々な啓蒙活動や製品のPR活動を行っております。

CLOSED CYCLE for HFC

​私たちへ再生フロン原料となる廃フロンをお送り頂ければ、リクレメーション冷媒製品としてお返しいたします。

2019年夏より地球温暖化物質の循環型モデルとして展開しています。

yajirusi.png
 
IMG_8791.jfif

RECLAIM TOWER

フロー 説明付き-min.jpg